Sat Nam

今日のマントラ♬

クンダリーニヨガでは誰かが肉体を卒業した時に唱えるマントラがあります。

Akal   アカール 不死身

このマントラは、人が死ぬときに現世への執着から魂を解放するために唱えられます。死はなく、解脱のみがある・・・。
神と融合するために魂を解放するために唱えられます。この瞑想は、人がこの世を去り、あの世へと移行するときに贈る、最後の美しい贈り物です。また、愛する人を失ったときに、別れを惜しみ、自分の心を癒すための方法でもあります。アカルを唱えることで、地球のバイブレーションが軽くなり、魂がその先へと昇っていくのを助けます。

クンダリーニヨガでは、魂は肉体を離れてから17日間、地球の振動の中に留まると教えられています。仏教でいうと49日にあたるのかな。その17日間、毎日アカルを唱えることは、魂にとってとても役に立ちます。グループで行うと非常にパワフルなチャントです。

私はこの2人の融合がとっても好きです。Trevor Hall おすすめ♬

クラスで使うことはないけど、もし大好きな人・ペットが肉体を卒業したことで、胸を痛めているならこのマントラが助けてくれるかもしれません。