Sat Nam

今日も、クラス後Shaktiたちといろいろな話をシェアしていて・・・「ウィークポイントだと思っていたものが意外にそうでもなかった」という話をシェアしてくれて。これじゃ伝わってないですね・・・。今チャクラシリーズをクラスでやっていて、Shaktiは第1チャクラは弱いと思っていたけど、意外とそうでもなく、便秘がちだったのがそれ以来、便秘ではなくなったと・・・。ブロックが外れたのかなと・・・。そういう話だったんだけど・・・

妄想好きな私・・・今日はそのことがどうも頭から離れなかったようで・・・お風呂に入っているときに、あっ!!!と思ったことがあったので、シェア。

Shaktiは、便秘だから第1チャクラが弱いと思ったのか、そういうの関係なく第1チャクラが弱いと思っていたのかはよく分からないんだけど、今回第1チャクラのためのヨガをやった時に、それほど嫌いじゃないし、苦手じゃないかもと思った時から、ブロックが外れ、身体は素直だから、便秘が治ったと言う話なんだけど、これって、私が想像するに、ブロックを自分で作ってたパターンだと思ったのね。私はこれが苦手だから、ここにブロックがある。前ブログにも書いたけど、人見知りって言われるから、私は人見知りと言う看板を背負って生きていくみたいな。今回の場合も、自分でブロックだと思っていたパターンなんじゃないかと・・・だから、あれ?って、あっ!!って気づいたときに、そこから解放される。えっこんなに簡単でいいの?みたいな。自分でかけた呪いから自分で解放される感じ。ここでShaktiがすごいのは、ブロックが外れたことを実感して、「うん、それでいいんだよ」と認めてあげてたこと。ここで、そんな簡単に治るわけないじゃんとか、嘘だ~と思うと、現実はそうなっていく。気づいて、感じて、受け入れて、ハッピーになる。そしたら、身体も心も喜ぶに決まってる。

でも、それに反して根深いブロックももちろんあって、小さい頃に言葉や身体的暴力を受けてきたとか、とことん周りの人に認めてもらえなかったとか、理由は何であれ、母親と一緒にいられなかったとか、育った環境や持って生まれた性質から、年々蓄積されたブロックというものもあって、こういうブロックの場合、今回のShaktiのようにサラッとは解放はされないと思う。まず、気づいて、それについてとことん向き合い、それについて自分で行動を起こし(浄化する、統合するなどなどやり方たくさん)、それらを繰り返すことで、途中で諦めないことで、少しずつブロックが外れていく。ブロックから解放されていくと思う。

そう、今日はブロックにもいろいろ種類があるんだなと分かった日でした。

そして、ブロックは、誰にでもあるし、大なり小なり抱えているものは人それぞれ違うけれど、向き合うと決めた時点で、解放に向かっているし、今よりは身軽な明日が待っている。これは持論だけど、いくら不治の病と言われている病気でも、私は治らない病気はないと思っている。治ると決めて、行動に移せば治る。と思っている。だから根強いブロックも、自分で思い込んだブロックも外すと決めれば外れる。そんなことを妄想しました~(笑)

毎回毎回、Shaktiたちには、気づきをいただき感謝。

(※Shakti=女神が持つ力=クラスに来てくれている方々)